生きる日々のあれこれ

僕は生きている日々の中で感じること、思ったことなどいろいろ共有していくブログです。読んで意見を持っていただいて、毎日来たくなるような記事を書けるように心がけています。毎日更新目指します。

ブログランキング・にほんブログ村へ

短期のタグが付いたバイトって本当に短期でも雇ってくれる?本当の短期を見つける方法とは

f:id:bamboochops5:20180601211415j:plain

 

よーしお金も欲しいしバイトするぞ!

 

でも、長期のバイトは出来ないし・・・なんて人もいますよね。

 

もうすぐ引っ越す人・大学に進学する人・留学する人・夏休みだけ働きたい人・ずっと働きたくない人など、いろいろ理由がありますよね。

 

僕もその一人で、よく「短期バイト」でGoogleで検索をかけていました。そんな体験談をご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

短期希望だと面接にすらいけないことのほうが多い

 よし、いくつか応募も済んだし、あとは連絡を待つだけだな。と、バイトに応募するわけですけど、そこで来る電話で

 

 

担当「もしもし、○○さんのお宅ですか?」

 

僕「はい」

 

担当「バイト希望ということで伺っているのですが」

 

僕「あ、お電話ありがとうございます!はい、バイト希望で応募させて頂きました。」

 

担当「いつ頃から、どのくらい入れますかね」

 

僕「もう明日からでも、毎日・どの時間帯でも大丈夫です」

 

担当「わかりました。」

 

僕「あ、あの8月末までの短期って可能ですかね・・・?」

 

担当「あー、うちは短期の募集はしてないんですよ」

 

僕「あーそうなんですか・・・(いや募集要項には短期のタグあったやん)。すいません。失礼します。」

 

 

という流れになって、面接にすらいけないんですね。もちろんバイト募集のサイトでちゃんと「短期(1か月以内とか3か月以内とか)」タグのついているものだけに連絡させてもらっているんですけど、それでも「短期」の募集はない、といわれることがほとんどです。

 

 

むしろ、短期希望を伝えた瞬間に相手の態度が変わる

 短期の希望を伝える前は丁寧にお客さんに話すように敬語で話してくれる方が多いんですけど、短期希望を伝えた瞬間にタメ口に変わる担当の人が結構います。

 

「2,3か月やってやっと1人前になってもらえた時に辞められたらこっちにしたら何のために指導したんってなるでしょ?」

 

 

「(塾募集とかで)生徒さんとせっかく信頼関係が出来たのに、そこで先生辞めたら生徒さんは、え?ってなるでしょ?(馬鹿にした感じで)ねー。わかるでしょ?だから短期はダメなんだよねぇー。ごめんねぇー。」

 

 

普通に「短期はうちは雇ってないんですよー」って言ってくれればいいのになーwそもそも、短期タグが付いているから連絡しているわけで・・・。そんなに「無知な奴が電話してきたぜ」みたいに話さないでほしいですね。

 

 

ではなぜ会社側は「短期」タグをつけるのか

 まあ、1つは「短期」のみで探している人にも検索にヒットしてもらえるようにでしょうね。そうすることで、興味を持ってもらえる人の数が少なからず増えるでしょうから。短期専門で探している人にとってはちょっと困りますが・・・。

 

 

2つ目は、続けられるか分からないから「短期」で一応探してみる、という人にも興味を持ってもらうためでしょう。よく、「体験でもOK!」とか「1日やってみて、でもOK!」などのセリフが書かれていることも多いので、そういうとりあえずやってみて雰囲気を見てもらってもいい(実際は長期でやってほしいんでしょうけど)という意味での「短期」というのが2つ目。

 

 

募集によっては、もう絶対この日・月までしかできません!という短期希望の人を募集しているわけではない、ということですね。

 

 

どうやって"本当"の短期募集を見つけられるか

 短期募集と書かれながら電話してみたら長期しか募集してませんと言われて切られることが何度もあるといい気分ではないですよね。

 

確実に短期を募集している、という募集の見分け方を教えます。

 

  • 働きたい期間が長期休みの間なら「春/夏/秋/冬休み期間」というタグで検索する

 これなら、確実にその期間だけの募集であること間違いないです。特に夏はビアガーデンとか、プールの監視員など、その季節ならではのバイトがたくさんあるので、探しやすいと思います。

 

 

  • はっきり雇用期間の書いてある募集

本当の短期のものだったら5月20日~7月14日、のようにはっきりと期間が書いてあるものが多いです。

 

 

  • むしろ、単発で探してみる

単発なら1日だけになりますが、そっちのほうが件数が多いような気がしています。バイトでも多くは何かしら覚えること・慣れることが必要なので短期で雇わないんですよね。単発バイトは誰でもその日から出来る簡単なものしか募集できないので、微妙な期間である短期、よりも単発で探してみるというのも1つの手です。

 

単発は単発専門サイト「ショットワークス」がおすすめです!