生きる日々のあれこれ

僕は生きている日々の中で感じること、思ったことなどいろいろ共有していくブログです。読んで意見を持っていただいて、毎日来たくなるような記事を書けるように心がけています。毎日更新目指します。

ブログランキング・にほんブログ村へ

米津玄氏の「メトロノーム」は最強の失恋ソング!別れたあの人とまたいつかきっと・・・

f:id:bamboochops5:20180605174540j:plain

僕は米津玄氏さんの曲がすごく好きです。ここ2年くらいで、すごく人気になって今ではみんながカラオケで歌ってますね。ヒトカラとか行くと、周りの部屋から歌っているのが聞こえてきますw

 

今回はその中でも僕が一番好きな曲。僕が失恋したときに聞きまくって、山のふもとで歌いまくった曲、吹っ切れた今でも聞き続けている曲である「メトロノーム」の歌詞についての考察を書きたいと思います。

 

 

 

 

 

米津さん本人と好きなカバーをお先に

<米津さん>

一言: 本家の安定感と、独特な声で魅了されます。

 

 

<男性で好きなカバー:みやかわくん(さん)>

 一言:イケボな感じと優しい声が特徴です。

 

 

<女性で好きなカバー:なゆごろうさん>

 一言:女性らしいとても優しい声に包み込まれます。心の声を表に出している感じの歌い方に感動する。(二言)

 

 

歌詞の意味と僕が思うこと

 

初めから僕ら出会うと決まってたならば どうだろうな
そしたらこんな日がくることも 同じように決まっていたのかな

 

よくみんなが言う「運命の出会い」。出会いが運命なら、別れもまた運命。僕はこれを聞きながら、「本当にそうなのかな・・・俺もっとうまく出来たはず・・・」と思っていた。でも、実際その時はそうできなかった。つまり、それは運命なのかもしれない。

 

 

ずっと叶わない思いばかりを募らせていては
互いに傷つけ合って 責め立て合った
ただ想ってただなんて 言い訳もできずに
去り行く裾さえ掴めないでいた
弱かった僕だ

 

僕も「また復縁できないかな」「また会って話せないかな」と考える中、それはもう叶わない思いなんだ、と僕は聞きながら自分に言い聞かせた。そう、僕だって何度も傷ついて泣いたし、僕も彼女を何度も泣かせてしまった。そんなの、「ただ想ってた」ってよりはお互いわがままだったんだよね。別れるなんて言わなきゃよかったって何度も思った。それって、素直になれない自分の弱さだよね。

 

 

今日がどんな日でも 何をしていようとも
僕はあなたを探してしまうだろう
伝えたい思いが募っていくまま
一つも減らない僕を
笑い飛ばしてほしいんだ

 

毎日毎日、晴れでも雨でも「今、何してるのかな」って思っちゃうよね。話せないと、さらに話したい・伝えたいっていう気持ちが強くなるけど、もしかしたらむしろ忘れたいとも思っていたのかもしれない。

 

 

味気ない風景だ あなたがいないのならどんな場所だろうと
出会う前に戻っただけなのに どうしてだろうか何か違うんだ

 

ほんとこれ。これ以上ないほどこれ。付き合う前に戻っただけなのに、何かを失った、空白になった感情にすごく襲われる。米津さん、あなたもきっと同じなんですね。

 

 

きっと僕らはふたつ並んだメトロノームみたいに
刻んでいた互いのテンポは 同じでいたのに
いつしか少しずつ ズレ始めていた
時間が経つほど離れていくのを
止められなくて

 

ここが一番大切。曲名でもある「メトロノーム」。2つのメトロノームは始め一緒に動き始めても、だんだんとずれて行ってしまう。2人のメトロノームもずれていってしまったんだ。動き始めてから時間がたてば経つほど離れていくんだよね。止まって欲しくても、時間って時に残酷。

 

 

これから僕たちは どこへ行くのかな
全て忘れて生きていけるのかな
あなたが今どんなに 幸せでも
忘れないで欲しいんだ
僕の中にはいつも

 

分かれた後って、もうどうしていいか分からない。忘れたくても忘れられない。きっとみんなが「もう忘れたい」って思う瞬間があるんだよね。でも、短い人生の中で、こんなにも大勢の人がいる中で2人の気持ちが一緒になって過ごした時間は忘れないでほしい。僕は忘れない。

 

 

すれ違って背中合わせに歩いていく
次第に見えなくなっていく
これからも同じテンポで生き続けたら
地球の裏側でいつか
また出会えるかな

 

道で会ったとしても、全く会わなくても、心はすれ違っていってもう見えなくなってしまった。お互いにね。2つのメトロノームってずれてしまった後に、まただんだんと同じに行って、また全く同じ動きに戻るんだ。これって、また2人が一緒に戻るってこと。って言いたいけど、もしかしたらお互い一緒に違うスタートを切ったってことなのかもしれない。でも、心の中ではまたいつか出会えたらなって思うよね。

 

 

今日がどんな日でも 何をしていようとも
僕はあなたを愛してしまうだろう
伝えたい思いが 募っていくまま
一つも減らない僕を
笑い飛ばしてほしいんだ

あなたがいてほしいんだ

 

いろいろ考えてきた。「これも運命だったんだ」「また話して復縁したい」「もう何をしているかなんか考えたくない。忘れたい。」「もしかしたらまた戻ってきてくれるんじゃないか」なんて、頭の中でドラマがあったよね。でも、結局僕は君を愛してしまうけど、そんな機会はきっともうないんだろうね。忘れさせてほしい、でも正直に言うと、あなたにいてほしい。

 

 

全体的な感想

書きながら、曲の意味を書いているのか、僕の実体験を書いているのか分からなくなっていましたwこの曲が僕のあの時の状況にぴったしすぎて、驚くほどに。

 

何一つ違わないんですよ。気持ち、状況、考えたこと何もかも。何より、僕があの人に出会ったのは本当に「地球の裏側」。僕らは2人とも留学生で、もしかしたらお互いの国、「地球の裏側でまた会えるかな」と思ったくらい。

 

どんだけ僕のシチュエーションと同じなんだと。本当に何一つ違わない。

 

大好きな曲です。

 

歌詞以外でも、僕はバラード調のメロディーがすごく好きで、特に優しいものが好きです。その点でもこの曲はすごく心にしみる素晴らしい曲で、多くの人(特に失恋した方)に聞いていただきたい曲です。