生きる日々のあれこれ

僕は生きている日々の中で感じること、思ったことなどいろいろ共有していくブログです。読んで意見を持っていただいて、毎日来たくなるような記事を書けるように心がけています。毎日更新目指します。

ブログランキング・にほんブログ村へ

日本人の英語の発音が悪い理由!もうカタカナ英語はやめよう!

f:id:bamboochops5:20180620190408j:plain

誰もが外国語勉強で一番苦戦して気にする「発音」。僕も常に壁にぶつかってます・・・w

 

どんな言語でも、ネイティブみたいな発音できるとカッコいいですよね。

 

なんで発音に苦戦するんでしょうか。それはやはり母国語が原因のようです。

 

 

 

 

 

日本人の英語の発音は悪い?

こんなことを聞いたことがある人いますかね?

 

僕は中国・韓国の人にこう言われたことがあります。

 

 

「あれ、日本人なのに発音うまいね」って。

 

 

(え、日本人なのにってなにw日本人って発音悪いの?)

 

ってその時は思いました。実際、結構中国人でも韓国人でも発音悪い人(ネイティブと遠い)多いです。

 

 

でも、外国語を勉強していく中で日本語とのはっきりとした違いを見つけたんです。

 

 

 

日本語は常に母音で終わる

日本語って「ん」を除いて全部母音で終わりますよね。

 

べんきょう(u)、 もんだい(i)、 じどうしゃ(a)  などなど

 

英語って結構子音で終わる単語って多いです。

 

super, lesson, book, pencil  etc.

 

(ちなみに中国語・韓国語でも子音で終わる単語多いです。)

 

 

つまり、日本人は子音で音を止めるのが苦手!

 

 

なわけです。

 

よく、ブック(u)・コード(o)・レター(a)のように和製英語では発音しますよね。

 

 

逆に言えば、子音で止めるようにすれば英語らしい発音になるわけです。

 

 

 

そもそも発音の数が少ない

皆さんは、KIN と KINGの発音の違いが分かりますか?

 

これは日本人にはとっては同じだけど、韓国人にとっては全然違うみたいです。

 

というのも、韓国語にはㄴ(n)とㅇ(ng)という音があるからです。(この音は中国語にもあります)

 

 

どっちもキン(グ)じゃん!っていうねw

 

 

母音を発音しないので「グ」とはなりません。なのでどっちも、キン、じゃねっていう・・・。

 

 

でも、皆さん案内(あんない)と案外(あんがい)って言ってみてください。

 

どっちも「あん」ですよね。同じ音です。

 

 

でも、韓国人とか英語話者にとっては違う音に聞こえるんです。言ってみると舌の位置が違うことに気が付きませんか?

 

「あんない」では「an」舌が上あごに当たっている。

 

「あんがい」では「ang」舌が当たっていない。

 

 

つまり、日本語では同じ音ってことになっている(allophone)けど、他の言語にとっては異なる意味になる(phoneme)というわけです。

 

(ちょっとだけ言語学勉強したのでそんな感じらしいです)

 

面白いですよね!そんな音の違いがあっても、言っている本人は気づいていないという。

 

実際、日本語の発音の数がどうで、英語がどうで、というのは知らないのですが、これを見ると「カタカナ」で発音を勉強する意味のなさが分かりますね。

 

 

 

日本語は口を全く動かしたくないめんどくさがりな言語

これは英会話の先生・韓国の友達などいろいろな人に言われたことなのですが、「日本語は口を動かさなくても喋れてしまう言語」らしいです。

 

 

実際、しゃべってみるとできる気がしますよねw

 

英語とかって「th」「v」「f」「r」など舌とか唇を動かさないといけないと思うんですけど、日本語は口をパクパクしてるだけで話せそうw

 

 

なので、日本語を話す人って口が動かないんですよね。

 

英会話の先生には口を柔らかくする体操をしましょう、と言われたこともありますw

 

なんでも、慣れないことは難しいものです。

 

 

 

まとめ

でも、日本人だからと言って英語の発音ができるようにならない、というわけではないです。世の中、発音の良い人すごくたくさんいますよね!うらやましいw

 

きっと、いろんな人が言うように「カタカナ」から発音しようとすることが良くないのではないかと思います。