生きる日々のあれこれ

僕は生きている日々の中で感じること、思ったことなどいろいろ共有していくブログです。読んで意見を持っていただいて、毎日来たくなるような記事を書けるように心がけています。毎日更新目指します。

ブログランキング・にほんブログ村へ

親知らずを実際に抜いた~痛み・腫れはいつ治まる?~

f:id:bamboochops5:20180803135420j:plain

皆さんの歯は健康ですか?

 

虫歯とか歯周病になったら歯医者に行くという、痛いイメージの強い歯の病院。

 

 

でも、全く痛くない歯を抜かなければいけないこともあるんです・・・。

 

 

それの代表が親知らず。

 

僕は先日、左下の親知らずを抜いてきました。

 

きっと、抜くかどうや迷っている人もいるでしょう。

 

そんな人のために、今日は痛み・腫れ、大変なことなどをご紹介したいと思います。

 

 

1日目(抜歯日当日)

今日いよいよ抜歯の日です。

 

初めて歯を抜く、という経験をする僕は多少なりとも緊張していました。

 

だって、怖くないですか?

 

自分の全く痛くもない健康な歯を抜くんですよ。

 

麻酔をかけられ、機械でウィーンと歯を削られて15~20分くらい?

 

そのくらいで終わりました。

 

結構あっさりと終わりました。

 

痛みは全くなかったです。(しっかり麻酔が効いていたので)

 

でも、麻酔の針自体は結構グイっと刺されるので、「なんかやばい」っていう気持ちにはなります。

 

 

問題は、麻酔が切れてきたあたりの時間帯。

 

当たり前ですけど、痛み始めます。

 

ちゃんと貰っていた薬(痛み止めと抗生物質)を飲んでおけばまあ大丈夫です。

 

 

 

2~3日目

ここが一番楽だと思います。

 

初日よりと比べてほとんど痛くないです。(ちゃんと薬を飲んでいれば)

 

ただ、腫れはピークです。

 

見た目の腫れもピークです。

 

この辺りは流動食しか食べれません。

 

食べようとしても絶対にほっぺを噛んで痛いので、食欲も失せます。

 

ウィダーinゼリーとか、スープとかしか無理ですね。

 

食べれるんじゃね?っていう白滝とかもきついです。

 

 

 

4~6日目

個人的に一番つらかったのがこの時期です。

 

まず、抜歯による痛みはもうほぼほぼないです。

 

 

なので、食欲も出てくる時期。

 

でも、結局まだ腫れてるから噛もうとするとほっぺを噛む。

 

でも、2~3日に比べれば何とかすれば噛めるから食べたい。

 

 

っていう、サイクルでストレスがたまります。

 

食べていなくても腫れていることにストレスを一番感じる時期です。

 

ただ見た目の腫れが結構治まります。

 

 

 

7~9日目

結構腫れも治まってきて、ほぼほぼ噛み合わせられます。

 

嬉しいです。

 

食べたいです。

 

ちょっと頬っぺた噛んじゃっても結構食べられます。

 

ここらへんでストレスの開放です。

 

友達と焼肉も行きました。

 

多分、この辺りで抜糸をすると思います。

 

見た目の腫れはもうありません。

 

 

10日目~

やっとです。

 

ほんとに。

 

ちゃんと頬の肉を噛まずに歯をかみ合わせるようになるには10日ほどかかりました。

 

ここまでくれば完璧です。

 

舌でほっぺを触るとまだ形がおかしいですが、どんどん治ってきます。

 

 

 

 

まとめ

抜歯って大変だわ・・・って思いました。

 

とにかく食べれない!

 

腫れがストレス!

 

僕は常にマスクしてました。

 

でも、10日もすればほとんど何も問題なくなるので、そこまでが勝負ですね。

 

 

ちなみに、僕はあと3本抜かなくては・・・。