生きる日々のあれこれ

僕は生きている日々の中で感じること、思ったことなどいろいろ共有していくブログです。読んで意見を持っていただいて、毎日来たくなるような記事を書けるように心がけています。毎日更新目指します。

ブログランキング・にほんブログ村へ

カナダの公立高校ってどんな感じ?日本の高校との違いは?

board-1666644_640.jpg 学生の間は「学校やだな~」って言うけど、大人になると「学生に戻りたいな~」って言うって言いますよね。

 

人間みんな過去の思い出が好きなんだろう。

 

今回はカナダの公立高校について書いていきたいと思いますが、カナダって結構州によって何でも違うんですよね。

 

教育システムも違うし、税金とかも違う。

 

大学にApplyするときの条件も州によって分けられてるから、自分の州以外では違うと思います。

 

受験について

カナダでは

 

高校受験はありません

 

 

というか大学にも日本で言う受験っていう受験はありません。

 

高校の成績などの必要な書類を大学に送って審査されるだけです。

 

そして、小中高とそのまま地元の学校に行くので、友達もずっと同じです。

 

 

授業・成績について

授業はしっかり聞いていたり、宿題・アサインメントをやっていれば結構成績取れると思います。

 

個人的には、理科科目は微妙なのですが、特に数学なんかは日本の教科書の基礎の基礎問題しか勉強しないのでそんなに難しくないです。

 

青チャート赤チャートの内容なんか絶対に出ません。(僕はカナダの先生が解けるのかどうかも疑ってる。)

 

成績の付け方としては、日本だと年何回かのテストで全て決まると思うんですけど、カナダでは本当に小さなQuiz(2問~20問くらい)と呼ばれるテスト、それより大きいTestと呼ばれるテスト、学期末に行われる最後のExamの結果、そしてたまにあるアサインメントの結果で主に成績がつけられます。

 

Quizなんかは毎週のようにあります。多くの人が知っているとは思いますが、日本では生徒が自分の教室を持っていて先生が移動するというスタイルですが、カナダでは先生が自分の教室を持っていて生徒が移動するというスタイルです。

 

 

教科について

日本だと理科科目と社会科目で生物、とか世界史などは選べますが、それ以外はほとんど決められていますよね。

 

というか自分で科目を選択するっていう感覚はないですよね。

 

カナダでは学校によって取れる教科は異なるのですが、結構多くの教科の中から選ぶことが出来ます。

 

僕の学校だとGrade10で37教科Grade11で67教科、Grade12で73教科ありました。

 

これはEnglish 12, English 12 advancedのようにレベルの違いでも別れてるので結構多い選択肢があるんです。

 

また、教科によっても大学申し込みには使えないけど卒業には使える単位などあります。

 

僕の州だと2学期制で一学期で4教科選びます。

 

なので高校3年間で合計24単位取ることになります。(Failしなければw)

 

時間割 これは州の中でも、学校によって違います。

僕は2つの学校に行ったのですが、一つ目の学校では1コマ55分で授業の間に5分の移動時間があり、一日5コマでした。

(First Periodの教科はFifth Periodにも取ることになる。)

 

昼休み(昼食)は45分くらいだった気がします。

 

二つ目の学校では1コマ70分で授業の間の移動時間は無し、1時間目の後には20分のReading Periodがあり、一日4コマでした。

 

でも昼休みは55分くらいあります。

 

卒業について

卒業するためには決められた教科分の単位が必要です。

全部で18単位が卒業に必要で、そのうち7単位より多い単位をGrade10の教科から使うことは出来ません。そして、少なくとも5単位はGrade12の教科から使わなくてはなりません。

 

その教科も 3 English Language, 1 Fine Arts, 2 Mathematicsのように決まっています。

 

いくつかの単位は好きなものを使うことが出来ます。

 

よくニュースなどで「海外の14歳大学生」のように飛び級している生徒を見ることがあると思いますが、日本とは違って必要な単位さえ取れれば卒業が出来るので、個人的には飛び級はそんなに難しくないと思います。

 

実際Precal 12(高3数学の発展コース)は、僕が日本の高1でやった内容ですし、小さい頃から飛び級を狙っていれば別に難しくはないと思います。

 

 

通学

通学は徒歩かバス・車が一般的ですね。

 

家が近い人はたぶん徒歩だと思うんですけど、カナダでは16歳で車の免許を取れるので結構車で来る人も多いです。

 

また、海外ドラマとかで見られるらしいんですけど、黄色いスクールバスが毎朝・放課後に来て、送ってくれます。

 

ちなみに僕はバス通です。

 

朝礼について

日本だと担任の先生がいるので、先生が行事や受験のことなどを話すと思います。

 

カナダだと担任の先生はいないに等しいので、朝礼はありません。

 

でも、毎日1コマ目の始めにO Canadaというカナダの国歌やカナダの様々な国・軍に関する曲を聴きます。そのときは廊下にいても動いてはいけません。

 

昼食

日本だと多くの人が弁当を持って行きますよね。

 

それもきっとお母さん手作りの。

 

カナダでは基本お母さんは弁当を作らない、というのが普通らしいです。

 

なので自分で適当にサンドイッチなど持ってくる人もいます。

 

でも、多くの人は学校のCafeteriaでプティーンとかピザとかサンドイッチとかを買ったり、町に行ってサブウェイとかピザショップとかで買って食べています。

 

これだけでも結構「学校」と言うもののイメージが違いますよね。

 

やっぱり個人的に、日本に比べると雰囲気的に自由というか厳しくないっていう感覚があります。

 

 

思いついたものを書いてみたのですが、他に気になったことがあったらコメントにお願いします!