IELTSを初めて受けた感想!予想点数を書いてみる。

PAK75_englishranchon20141206202538_TP_V.jpg IELTSを受けて来ました!! IELTSは International English Language Testing Systemで、まあ英語能力の試験ですね。 今回が初めてということで、もう本当にどんな出来なのかが分かりません! 受ける前日なんてもう緊張して緊張して仕方がなかった。 まあ、僕いつもそうなんですよね。前日から本当に緊張する。 パートごとに感想を書いていきますね。

Listening

リスニングはもともと結構自信があったパートで、模試では最低7.0点良くて8.0点くらいは行けてたんですよね。個人的にはまあまあかな、って思っていました。まあ大丈夫だろうとw 本番の試験は模試とほとんどレベルは変わりませんでした。そこまで速くも遅くもなく、IELTS特有の順番通りに聴いていけば順番通りに答えられるといって感じで、そこまで難しくはなかったはず。でも、あまりうまくも行きませんでした…正直。 予想点数・・・7.0点(7.5点行ってて欲しい)

Reading

リーディングはリスニングより頑張らなきゃいけないけど、点数は取りやすい、というイメージを持っています。リスニングってただ聞いていれば頭に情報が入ってくるけど、リーディングって読もうとしないと理解できないから大変ですよねw模試では悪くて7.5点良くて8.0点くらいでした。ちょっと本番はなめてましたね。何とかなるだろうと。その結果全部埋められませんでした・・・。それに、自信のない箇所が結構あって、ダメダメな感じがしています。 予想点数・・・6.5点~7.0点

Writing

ライティングはもう質問されたことに対して時間いっぱい書いた。それだけですね。何の対策もしてませんし、そもそも今年はEnglish12でEssayらしきEssayは書いてないし・・・。結構久しぶりに長い文章を書来ましたwというわけで全く予想がつきません。 予想点数・・・6.0点~7.5点(もしかしたら8.0点なんていう奇跡も・・・。)

Speaking

実際これを一番最初に受けました。これも対策は0。もう「英語なんて毎日話してるし、もう基本問題ないし~。」と、なめてかかっていましたね・・・。これは良くない。実際、今回のSpeakingの点数は悪いと思います。聞かれたことに対して"Um.....I don't know."なんて答えたりもしてましたし。「友達がその色が好きな理由」なんてわかりませんよ!!でも、やっぱり本当のことじゃなくても適当になにか答えておくべきだったと思います。Part2の紙を読んで、話す準備をしてから話すのも、1分?2分?が結構長くて、話した後に沈黙が少しあったりしましたね。他のブログを見せてもらうと「Part2は出来るだけ長く話すことが大切です!」などとも書いてあったので、もう減点だらけな気もしています。でも、会話としてはスムーズに話せたので、話の流れの点数が大きかったりしたらいいな~などと祈っています。 予想点数・・・6.0点~8.0点(もう全く予想がつかない)

全体的な感想

僕が大学入学に必要なのはOverall6.5、かつ、全セクション6.0以上。 これは高いかといわれると全然そうでもないんですよ・・・。たぶん6.5点以下だとあまりコミュニケーションが取れないレベルだと思うのです。 僕の予想点数の最低点を全部取ったら平均6.375点、繰り上げで6.5点になって、大学への最低点は超せるという予定なのですが・・・。 受ける前日に、友達の韓国人がOverall8.0点を取ったと聞いてまたプレッシャー。ベトナム人の友達はリスニング・リーディング各8.5点という驚異的な点を取ったそうで、またプレッシャー。 結果は受験日から13日後にネット上で公開、その後郵送されてくるということらしいです。 結果がひどすぎなければ報告したいと思います。