生きる日々のあれこれ

僕は生きている日々の中で感じること、思ったことなどいろいろ共有していくブログです。読んで意見を持っていただいて、毎日来たくなるような記事を書けるように心がけています。毎日更新目指します。

ブログランキング・にほんブログ村へ

高校の期末試験が面倒くさいから免除してもらいます。そんなことも可能です。

stairs-735995_640(1).jpg これはまさに僕のテスト前の気持ちを表している画像ですね・・・。そこさえ乗り切っちゃえばあとは天国。 日本だと学校のテストの結果・教科の成績ってあんまり大学受験に影響しませんよね? 全て、センター試験と二次試験の結果で合否が決まると思います。 だから、ちょっと学校のテストをさぼってても、センター試験とかで気合い入れていい点を取れば、学校の成績なんて関係ないはずです。(ですよね?) でも、カナダの大学受験の場合はいわゆる「センター試験」「二次試験」といった、個々の大学に申し込むために新たにテストを受けるというものはありません。アメリカだとSATを受けなきゃいけないらしいですね。)何が合否を決めるかというと、基本はGrade11・12(高校2・3年程度)の学校での成績によって決まります。大学によってはボランティア・クラブ・趣味などの課外活動の提出、Essay・Reference Letterの提出などが必要な場合もあります。 というわけで、高校での成績は大切なわけです。 高校の成績は、基本的に色々なAssignment・Quiz・Test・Examによって決まります。Assignmentは提出する課題、Quizは小さなテスト、Testは中ぐらいのテスト、Examは大きなテストです。 今回はその大きなテストであるExamについてです。 どのくらい大きいかというと、Examは成績の30%を占めます。Examは学期末に一度のみ行われて、その学期で習ったこと全てが出題される感じです。 なので、今まで完璧にやってきて全て100%取ってきたとすると、その時点で最終成績の70%を持っていることになります。でも、もしExamで0点だったら(大げさですが)最終成績は70%になってしまいます。 でも、今までで70%取ってきたとすると、その時点で最終成績の49%を持っていることになり、Examで100点取れれば、最終成績は79%になるわけです。 まあ、Examは最終成績をグンと下げもするし、上げもする大きなテストだということです。 でも、絶対にいい点が取れる自信ってないですよね。もしかしたら成績を上げられるかもしれないけど、大きく下げてしまう可能性がある。もしも今のところ97%くらい持っていたら、Examは受けずにそのまま点数をキープしたいところ。 そんな、うまいシステムが・・・カナダにはあるんです!! Exam免除!! なんていい響きだろう。 もちろん、全部免除できるわけではなく、1学期の4科目の中から1科目免除できます。しかし、全員が免除できるというわけではありません。 免除するための条件は: ①Unexcused Absenceがないこと ②Excused Absenceが5回以下(その免除したい科目で) ③停学とかになっていないこと ④親・先生からサインをもらって用紙を提出すること たぶん、このくらいだったと思います。普通に学校行っていれば誰でも免除できます。 また、Exam免除しつつあえてExamを受けると、もし点が下がるようならカウントされず、点が上がるようならそのまま最終成績アップということができます。本当にありがたい。 これは絶対に日本では採用されないと思いますねw ということで、カナダの高校では試験が免除できる!!でした。