生きる日々のあれこれ

僕は生きている日々の中で感じること、思ったことなどいろいろ共有していくブログです。読んで意見を持っていただいて、毎日来たくなるような記事を書けるように心がけています。毎日更新目指します。

ブログランキング・にほんブログ村へ

カナダの期末試験(Exam)ってどんな感じ?内容とか日程とか

board-361516_640.jpg どこでも学校には試験というものがつきものですよね。 僕が日本の高校にいたころは「年に6回も試験があるなんて多すぎ!!」なんて言っていましたが、カナダだとほぼ毎週テスト(Quiz)がありますね。でも、すごく小さなテストなんですけどね。一番小さくて物理で3問くらいのものがありました。多くて20問とかそんなもんですかね。 数学の場合は1つのチャプターが終わると1Quizがある感じ。 Testとなるとそれよりもまた大きくなって、3チャプターで構成されてる1ユニットが終わると、まとめとして1Testがある感じですね。 それよりもデカいラスボス的存在がこれから話すExam。

日程について

僕の日本の高校だと午前中を使って3科目、午後は帰宅。それを一週間続けて10~12教科の試験を受けるというものでした。(なんと過酷なんだ。思い出しても震える。) カナダだと午前中を使って1科目、午後は帰宅。それを一週間続けて3~4教科(Exempt/免除した人は3教科。IBの人は5教科だったりもする。)の試験を受ける。(なんと楽なんだ。1週間の短期休みをもらった気分だ。) 大体試験時間は8:45~11:30くらい。みんな10:30までは残っていなきゃいけないけど、それを過ぎれば終わった人 or もうやめたい人は帰っていい。

内容について

内容についてはそのセメスターに習ったこと全てですね。と言っても、日本ほど進度が速いわけじゃないのであんまり酷な量には感じないです。 でも、Englishとかだと今までに読んだストーリーについての質問に答えるとかじゃなくて、また新しいストーリーが配られてその質問に答えたり、何かについてEssayを書いたりなど対策の必要のないExamもあります。

難易度について

難易度については、もともとカナダでの勉強内容自体、日本の頃に比べて簡単なのでExamも比べて遥かに簡単ですね。めっちゃ勉強して(正直してなかったかもしれない)数学40点だった僕が無勉強で90%は行くくらいの感覚。 それに数学とか理科科目の場合公式が配られるんですよ。d=vt+1/2at²とかcsc(x)=1/sin(x)みたいなものが。その上高性能な電卓まで使えちゃう。ここまで言うと、やっぱり日本よりはるかに簡単という感じがしますねww

雰囲気について

日本では試験って基本真剣なものじゃないですか。誰一人話すわけない。話したものなら「何コイツ。」という感じのピリピリとした雰囲気が漂っている教室。先生が秒針まで気にして「始め!!」という掛け声とともに試験開始。(怖いですよね) カナダでは試験って僕にとっては1つのアクティビティとも思えるほど気楽なものです。誰も話しはしませんが、話しても日本ほどのピリピリ感はないですね。試験開始の合図もなく、配られたら大体始める感じです。先に配られた人と後に配られた人はほんのちょっとだけ公平じゃないですけど、誰も気にしません。終了も先生が「じゃあ終わりですね。前に解答用紙を持ってきてください。」と言うんですけど、もしあと10秒とか20秒とか書き続けてても「もう終わりです!!0点にしますよ!!」みたいな厳しさはないです。「もう終わりですよ~。鉛筆を置いてくださいね~。」と言った緩やかな感じ。

まとめ

やっぱり日本は色々厳しいといった感じで、カナダは自由というか緩いというか。 あんまり堅苦しくなくて楽でもあり、日本で高校2年まで過ごした僕としては「そんなんでいいのか」と不安にもたまになりますw 今だって大学受験に必死な僕の友達に比べ、僕は友達と遊ぶ時間も、こうやってブログを書く時間もありますしね・・・。こんなんでいいのかと思ってしまいますがw それぞれ良い所・悪い所ありますよね。 とにかく、Examについてはそんなに難しくないということでした!!