生きる日々のあれこれ

僕は生きている日々の中で感じること、思ったことなどいろいろ共有していくブログです。読んで意見を持っていただいて、毎日来たくなるような記事を書けるように心がけています。毎日更新目指します。

ブログランキング・にほんブログ村へ

カナダの大学を受験する方法!大学によって必要な資格や成績があります

university-2119707_640.jpg 海外の大学入学を目指している人・考えている人にとっては避けては通れない大学受験(申し込み)ですよね。カナダの高校に通っているのでどのように受験すればいいのか分かるものの、日本にいたことはカナダの大学受験については全く知りませんでした。 ということで、カナダで大学受験する方法や必要な資格などについて書いていきたいと思います。

まず、カナダでは受験というものはない

私立の高校や大学については良く分からないんですけど、公立の高校・大学を入学する際には日本でいう「受験」というものはありません。この場合受験というのは、受験生が学力を示すために統一テストを受けてその点数をもとに合否が決まるというものとします。 なので、日本のように一発勝負というリスクがありません。

では、何で合否が決まるのか

カナダでは高校の成績のみで合否が決まります。あと、学校によってはクラブ・ボランティア・地域での活動なども考慮する大学もあります。カナダの高校を卒業していると成績が何%とはっきり表示されます。日本だと5段階評価なので大学側がどのように評価するのかは不明ですが、日本の高校の成績もしっかりと受験に使えますので安心してください。 大学ごと・学科ごとに必要な成績は異なります。その基準は以前の合格者の最低点から決められているみたいです。「70%~」というものから「mid to high 80s」、「96%」など様々です。細かい基準については各サイトを調べてみてください。 日本みたいに「東大」と聞いたら超超難関と誰しも思うと思うんですけど、カナダのTOP大学である「トロント大学が超超難関かと言われれば、東大と比べれば遥かに簡単だと思います。(簡単とか言って僕はまだ結果が出ていませんが・・・。)去年、知り合いのカナダ人が数学で70%くらいだったけど合格していたと言っていたので、学科によって結構幅があるんだと思います。

どうやって大学に申し込むのか

日本の大学の申し込み方は知らないので、比べることはできないのですが、結構簡単に申し込むことが出来ると思います。 大まかな手順としては、 ①ウェブサイトを開く ②Applyの画面を開く ③名前・住所などの個人情報や学歴などを記入する ④その他いろいろ必要事項を記入する ⑤申込料を払う ⑥申し込み完了 とだいたいこんな感じで、申し込みはネットで出来るんですね。 この後にTranscriptや必要書類を送ります。 学校によっては異なることもあるかと思うので、詳細は各サイトを見てください。きっちりと締め切り(deadline)も決められているので、遅れないように申し込みたいですね。

必要なもの・資格

〇Transcript (成績証明書) カナダの高校からだと学校内のStudent Serviceというところから簡単に発行してもらえるんですけど、日本だと先生にお願いしてたぶん英語で発行してもらわなければいけないと思うので早めに準備しておいたほうが良いかと思います。 〇英語力の証明 もちろん大学側としては英語でコミュニケーションも取れない生徒に来られても困ってしまいますよね。語学学校な訳でもないですし。なので、受験者に英語力を証明することを必須としています。 証明には学校にもよりますが色々あります。 ・IETLS、TOEFLなどなどの試験資格 TOEFLの場合は60~100など学校による幅が広かった気がします。 IELTSの場合はOverall6.5 (各パート6.0以上)。またU of Albertaの場合はSpeaking7.5以上と書かれていたりするので各サイトを見て基準をしっかり調べておきましょう。 大体の大学が試験資格を要求すると思うんですけど、学校によっては他での証明可能です。 ・カナダの高校でのEnglishの点数(APとIBも含む) ・英語で授業を行う学校に一定期間以上在籍 (3・4年以上が多い。ノバスコシア州では2年) 多くの留学生がTOEFLかIELTSを利用することが多いですね。 〇Essay(エッセー) 大学の学科によってはEssayの提出が必須のところもあります。また、奨学金に申し込む場合はEssayを書くことが多いです。 ぜひ参考にしてみてください!